おすすめのギムナジウムマンガ

「呪い子の召使い」は面白い?感想と評価や評判をまとめました【ネタバレなし】

呪い子の召使い 面白い レビュー

恋愛マンガも良い!ミステリーマンガも見逃せない!
だけどやっぱり時々無性に読みたくなってしまう王道ファンタジーマンガ。

個人的にとても楽しみに読んでいる作品の一つが柴宮幸先生の「呪い子の召使い」なのです。

この作品は「呪い」によって人とは違った能力を持ってしまった、王子様とその召使いの物語です。

「呪い子の召使い」は「第一回ebookマンガ大賞2021」にノミネートされた作品でもあるんですよ。

この記事では「呪い子の召使い」を読んで面白いと思ったところや感想、読者の評判や評価についてまとめて行きたいと思います。
[box02 title=”必ずもらえる初回購入70%OFFクーポンをチェック!”]

DMM.comが運営する電子書籍ストアDMMブックスに無料会員登録をすると初回購入のときに使用できる70%OFFクーポンが必ずもらえます。

DMMブックス 70%OFFクーポン

割引上限が3,000円という条件付きですが、購入金額が4,285円以内なら全て70%OFFで購入できます。さらに、6,000円以内なら半額クーポンよりお得です。

DMMブックスは2021年4月に割引上限なしの70%OFFクーポンを配布して大赤字をだしました。そして、赤字を出した影響で半年以上クーポンの配布をしていなかった時期があります。

今回の70%OFFクーポンもいつ配布終了するかわかりません。

そして、DMMブックスの70%OFFクーポンは全電子書籍ストアの中で最もお得なクーポンです。

読みたい本があったら後悔しないためにもぜひ利用してみてください!

DMMブックス 公式サイト

[/box02]

目次

「呪い子の召使い」のあらすじ

呪い子の召使い あらすじ

「お前だけが、俺の召使い」 不死の呪いを持つ少女・レネは、気味悪がられ仕事をクビになり求職中。ある日王子様の召使いにスカウトされるが、彼は触れる者皆死ぬ「毒の呪い」のために幽閉されていて…!?相反する呪いを持つ孤独な二人が出会う、運命の王道主従ファンタジー!

「呪い子の召使い」の登場人物

呪い子の召使い 登場人物

レネ

17歳。
「不死の呪い」を持つ呪い子。
どんなことをしても死ぬことはないという能力を買われて、ギョームに買われてアルベールの側仕えにスカウトされる。

アルベール

フルネームはアルベール・アンリ・グロワールと言い、グロワール王国第一王子。
触れたものを死に至らせる「毒の呪い」を持つ呪い子。
長らく塔に幽閉されていた。

ギョーム

アルベールが幽閉されている塔の番人をしている。
元々は近衛騎士団団長。

「呪い子の召使い」のここが面白い!【ネタバレなし】

呪い子の召使い 面白い レビュー

柴宮幸先生の手による繊細で美しい絵柄

柴宮幸先生の美しい色合いイラストと繊細なタッチの絵柄もこの作品の大きな魅力の一つです。

レネは元気でハツラツとしていて可愛らしいし、アルベールは金髪碧眼の美少年とキャラクターもとても魅力的に描かれている点も大きなポイントです。

毒の王子×不死の少女×王道主従ファンタジー!

触れるものを全て毒で死に至らしめてしまうという呪いを持つアルベールと逆に死ぬことが出来ないという呪いを持つレネ。

二人は呪いのためにそれまで孤独な人生を歩んで来ましたが、レネのパワフルかつ献身的な行動によって心を閉ざしていたアルベールも徐々に変化が訪れます。

時に身を挺して王子を守ろうとするレネの忠誠心と、レネを守ろうと毒をコントロール出来るように努力したり、強くなりたいと思うアルベールの二人の絆は、決して他者には断ち切ることの出来ない深いところで結ばれている気がするんですよね。

呪い子の秘密やレネとアルベールのこれからが恋の行方が気になる!

お話が進むにつれてレネやアルベール以外にも呪い子が登場したり、彼らがどんなふうにこれからお話に関わって行くのか、呪い子の秘密とはどんなものなのか。

そして二人の(主にアルベール)中にほのかに芽生えつつある恋心の行方もどうなって行くのかもまたとても楽しみで見逃せないのです。

「呪い子の召使い」の評判や評価

呪い子の召使い 評判 評価

「呪い子の召使い」の感想と評価や評判|まとめ

「呪い子の召使い」はたまたまネットで見掛けて、イラストの可愛さに思わず表紙買いしてしまった作品でした。

レネのストレートで裏表のない性格も良いですし、アルベールのツンデレっぷりもまたとても可愛らしいので、毎巻続きが出るのを楽しみにしています。

個人的にはいつかアニメ化とかしてほしいなって密かに思っています。

作品が気になった方はぜひ手に取ってみて下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次